老健はねでは「認知症ケア向上委員会」を組織し、定期的に研修を行っています。

今回は「ひもときシート」を使い、実際に当施設に入所されていたり、通所で通われている方の具体的な事例をもとに介助者側・利用者側、双方の問題(困っていること)について分析しました。

その中で「どんなケアが必要か?」「今何ができるか?」についてグループに分かれてディスカッションを行い、今後の認知症ケアの質向上に向けて議論を交わしました。

この研修は「必須研修」として位置付けられており、2日間に渡りスタッフ全員で学びました。