老健はね|大分県玖珠郡玖珠町の老人保健施設

老人保健施設について

老人保健施設ってどんな施設?

「介護老人保健施設=ろうけん」は、

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設

です。
利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

どんな人が入れるの?

  • 介護保険が適用される方で、要介護1から要介護5の認定を受けている方(原則は65才以上)
  • ただし、特定疾病に認定された40才から64才までの方の利用可能。

老人保健施設の特徴

  • 医学的な管理の元で、介護や看護、リハビリを提供。
  • 介護士や看護師に加え、医師、理学療法士、作業療法士も配置。
  • 一生涯にわたって入所し生活する所ではない。
  • 介護認定の更新で、要支援もしくは自立認定された場合は利用不可となり、退所扱いとなる。

その他の施設について

老人保健施設以外の「施設」について簡単にご説明します。

介護老人福祉施設

  • 対象は、日常生活において常に介護が必要で、自宅では介護ができない方。
  • 終身に渡って援助を受けることができる。
  • 入所希望者が多く、入所までに時間がかかることがある。

養護老人ホーム

  • 対象は、環境上の理由、経済状の理由により自宅で生活することが困難な高齢者。
  • 介護保険施設ではない。
  • 入所条件は、65才以上で身の回りのことが自分でできること、在宅での生活が困難であること。
  • 入所は市町村の処置により行われ、申込先も施設ではなく市町村。

グループホーム

  • 対象は、要支援2、介護1から5の認知症の方。地域に在住されている方。
  • 認知症の高齢者の方々が、少人数でより家庭に近い雰囲気の中で生活する施設。
  • 介護や支援を受けながら、可能な範囲で食事の支度や掃除、洗濯などの家事を行う。
  • 医師、看護士は常駐していないため、医療措置が必要な方は入所できないこともある。

介護付有料老人ホーム

  • 都道府県から「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた施設。
  • 生活の拠点としての場所の他、食事・健康管理・掃除・洗濯・入浴などの介護サービスを受けることができる。
  • 介護スタッフが24時間常駐。
  • 医療必要度が高くなった場合、退去しなければならない場合がある。

住宅型有料老人ホーム

  • 介護が必要になった場合でも、訪問介護などのサービスを利用しながら、その施設で介護を受けることが可能な施設。
  • 介護サービスは自分たちで依頼する必要がある。
  • 要介護度が高くなったり、認知症になった場合、介護スタッフが常駐していないため住み続けることが難しくなる。

健康型有料老人ホーム

  • 介護はまだ必要ではないが、一人暮らしに不安を感じたり、老後を楽しみたい高齢者の方が入所できる施設。
  • 基本的に「要介護」となったら退去しなければならない。
  • 入居一時金と毎月の費用が必要となる場合がほとんどで、ホームにより費用は異なる。

お気軽にお問い合わせください TEL 0973-72-5550 受付時間 9:00 - 17:00【土日祝日除く】

PAGETOP
Copyright © 老人保健施設 はね All Rights Reserved.