ノーリフティングケア推進チームのメンバーが中心となり、ひばりヒルズより大蔵典子氏をお招きし、研修会(実技)を実施しました。

スタッフがノーリフティングのスキルや考え方を身に付けることにより「介護する側・される側の両方にとってのプラス」を目指しています。

今後、介護従事者の高齢化の問題も取り沙汰されている中で、ますますノーリフティングケアの考え方が必要となっていきます。

老健はねでも、施設内スタッフ全員が当たり前に実施できる様になるためには、まだまだ研修やトレーニングが必要ですが、1つ1つ積み重ねていきながら環境改善に努めていきたいと考えています。