3月20日午後6時より、大分市グランシアタにて、介護報酬と診療報酬の説明会が開催されました。

今回は2年に一度の診療報酬改定と3年に一度の介護報酬改訂が同時改訂になる年になり、医療と介護の連携が評価されるのではないか巷の話題になっていました。

老健はねにとっては、通所デイケアの報酬単価が下げられ、今までと同じ内容でサービスを提供しても報酬が減額されます。
入所事業は、在宅復帰を目的にした強化型老健ということであれば少し加算されます。従来型の老健は報酬額がかなり切り込まれ、今後の運営も相当厳しいものになります。はねが老健本来の自立支援を中心にした在宅復帰強化型老健に昨年度移行していたことは、国の方針にも合ったものでした。報酬を下げられた通所事業の減額分を入所事業で頑張って取り返していかなければならないと考えています。

これからの介護保険事業の方向性を見定めながら、はねの運営は地域の高齢者の方々そのご家族に支援され、評価される内容になっていくように進めてまいります。ご支援とご理解をお願いします。