ノーリフトプロジェクトチームからの取り組みとして、1か月間職員の筋力アップ体操を行いました。

名付けて「パワポジ体操」。

就業前の約5分間、ストレッチやスクワットを行うことで、ノーリフティングケアに必要な下肢筋力の向上を図るための取り組みです。

各部署に表を貼り、実施した日にシールを貼っていく・・・子どもの夏休みのラジオ体操の感覚でしたが、意外と効果抜群!
ほとんどの職員が積極的に取り組んでくれました。

プロジェクトチームとしては、1か月の途中でサポートを呼びかけるお便りを出したり、取り組み終了1週間前から掲示板を設置し職員みんなの声を聴いたり、アフターフォローもしっかり行ってきました。

9月21日から10月18日までで取り組みは終わりましたが、掲示板には

  • 「もっと続けてほしい」
  • 「階段の上り下りが楽になった」
  • 「少し足が細くなった」

等、うれしい意見がたくさんありました。また、リハ担当者からは

  • 「Aさんの歩き方が良くなったよね」
  • 「Bさんの姿勢が良くなった」
  • 「みんな取り組みを始めた時に比べてスクワットのしゃがむ高さが低くなった」

との声があり、他者から見た変化も感じることが出来ました。

今後もこのような取り組みを行い、安心安全なノーリフティングケアの推進と、職員の腰痛予防や健康の維持にも努めていきたいと思っております。