高齢化が進む中、介護の負担軽減のため大分県が取り組んでいるノーリフティングケアを推進するための実習を受け入れました。コロナウィルスの感染対策を考えながらの受け入れでしたので、入所者様のいらっしゃる食堂他居室へはご案内できませんでした。事前に使用している状況をビデオ撮影したものを見て頂き、職員とリフトやフレックスボードという移乗用の機器を使い体験してもらいました。具体的な多くの質問を頂き受け入れた私たちもその熱意に頑張らねばという思いを強くした時間でした。お互いに介護の必要な方々のケアが安心、安全に行えるよう今後も情報交換していきたいと思います。

お出でになった施設:特別養護老人ホーム白水長久苑より3名、介護老人保健施設 ふない 2名